忍者ブログ

コントロールジェルmeはvラインに効果なし?剛毛に効かない?

vラインの濃いムダ毛や黒ずみに悩んでいませんか?コントロールジェルmeで効果的に肌をきれいにできますよ。

口コミではコントロールジェルmeはvラインにも効果的!

刺激に弱いvラインも、肌に悪影響を与えることなくムダ毛だけを薄く目立たなくしてくれるのがコントロールジェルmeです。



口コミでも、

さらっとした使用感はとてもいい感じです。どこにでも使えるのがありがたいです。

サボりがちなので…まだ効果が出ていませんが確実に本数は少なくなっています


といった評価が並んでいます。



■vラインのケアについて

vラインを含めデリケートゾーン(vioライン)のムダ毛処理・肌の手入れをする際に絶対に気を付ければいけないのは、肌に強い刺激を与えないようにすることです。

顔の肌と同じくvラインの肌は皮膚の厚みが非常に薄い部分。他の部位なら問題のない刺激でも、すぐに肌荒れを起こしたり肌色がくすんでしまいやすいんです。



たとえば、体の中で最も肌の暑い部分は手のひらと足の裏です。お風呂に入ると指先の腹がシワシワになるのは、分厚い角質層が水分を吸っているからです。

けれどもvラインには、長時間の入浴をしたとしても、ほとんど変化は見られないですよね。水分を吸収するほどの角質層の厚みがないからです。



パンツとの物理的な摩擦が起きるだけでvラインの肌が黒ずんでしまいやすいように、ムダ毛処理をする際も、肌に負担をかけてしまうやり方は避けたほうが良いです。

カミソリで剃るのが一番手っ取り早いしコストもほとんどかからないものの、タダでさえ薄い肌をさらに薄く削ることになるし、剃った跡がチクチクします。



チクチクした毛が肌に刺さることでかゆくなるだけじゃなくて肌にやはり物理的な刺激を与えてしまい、肌荒れ・黒ずみを起こすリスクが高くなります。

黒ずみがあまりに悪化しすぎると、自力で元の肌色を取り戻すのがいよいよ難しくなってしまうので、早目にムダ毛処理の方法を見直したほうが良いんです。




コントロールジェルmeはその点、肌に負担をかける成分は一切含まれていません。合成界面活性剤などの刺激の強い添加物は一切含まれていません。

肌にやさしい天然成分の働きでムダ毛が太く長く伸びるのをさえぎってくれるので、敏感肌・アトピー肌でも安心して使えるように設計されています。



コントロールジェルmeの口コミを見ても「肌荒れした!」といった肌トラブルに関する内容をほとんど見かけることはありませんでした。



■脱毛するより抑毛が正解!

vラインは脱毛サロンでも脇やひざ下に続いて人気のあるコースです。夏前に脱毛サロンに駆け込む人も多く、春から夏にかけてはおそらく1年でもっとも予約が取りにくい時期になります。
脱毛を1回受けるたびにムダ毛がうんと減るので、実感が得やすいものの、やはり気になるのは肌にかなりの負担をかけてしまうこと。

脱毛レーザーの痛みは「ゴムをバチンと当てるような痛さ」と言われるものの、それは肌が厚い部分の話です。vラインの場合、涙が出るほど痛みを感じる人が多いです。

その上、脱毛後に腫れも痛みなかなか引かなくて居心地の悪い思いをする人も結構いますし、脱毛後に肌の黒ずみが悪化している人も珍しくはありません。



コントロールジェルmeだと、確かに即効性はないものの、自分の納得いくレベルまでムダ毛が減ってきたら、使用頻度も使用量も減らすことができます。

最初は1日1回ですが、週に2回くらいまで減らしても、ムダ毛が目立たない状態を維持できます。長い目で見たら、脱毛サロンに行くよりも、コストも手間もかなり抑えられますよ。




煩わしいvラインのムダ毛処理から解放してくれるコントロールジェルmeの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓











PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。